リサイクルトナーカートリッジとは?

会社や自宅でプリンターを使用する場合、データを紙ベースで出力するためにはプリンター内にトナーカートリッジといういわゆるインクを入れていないといけません。このトナーカートリッジにはそのプリンターごとで種類がありますが、プリンターのメーカーが販売している純正のトナーカートリッジとリサイクルされたトナーカートリッジとの2種類があるのはご存知でしょうか?当サイトではリサイクルトナーカートリッジとはどのような商品なのか?ということを紹介させていただきます。

そもそもトナーとは粉という意味なのですが、リサイクルトナーカートリッジとはそのトナーがなくなったカートリッジを回収して、洗浄し、新しいトナーを補充した商品のことを言います。トナーがなくなってしまうとプリンターで印刷することはできませんので、純正でもリサイクルでも必ずプリンターではトナーカートリッジが必要となります。従って、純正でもリサイクルでも使用目的は変わりありませんし、商品品質も変わりはありませんのでどちらを使用しても良いと言えるでしょう。

商品品質に変わりはないと言いましたが、プリンターの種類によってはわずかながら純正品とリサイクル品では品質の違いが出てしまいます。リサイクルトナーカートリッジも純正品と同様に商品化した後の動作チェックは必ず行い、正常に印刷できるかという印刷テストは行っているもののやはりリサイクル品ですので、純正品と比べる若干品質に差異はあります。

しかし、その違いは1%程度ですので、リサイクルトナーカートリッジでも品質に問題はないです。ただし、その話は国内メーカーによるリサイクルトナーカートリッジの場合で、海外メーカーのリサイクルトナーカートリッジでは、品質に問題がある商品も多いですので、もしリサイクルトナーカートリッジを購入する場合は必ず国内メーカーの商品を購入するようにして下さい。